FC2ブログ

Karin*z Rabbitry★カリンズラビトリー

北海道の旭川で1999年からうさぎブリーダーをしています☆平凡な日常。


2000年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2000年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お問い合わせは→こちら

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はじめまして

はじめまして、私の小さなラビトリーへようこそ。
ここは、北海道でアメリカンラビット(ネザー&ホーランド)のブリードをしている福福のHPです。
一人で面倒の見れる範囲でのブリードですので、30羽前後を保つ状態となります。
この子達を飼育し、そして繁殖して来て私が今まで経験して来た事を紹介しています。
ここに書いてある事は、私の経験や考えを元にしておりますので、参考になればいいな....と思い書かせて貰っています。
うさぎには、個体差がありますのでここに書かれている事は絶対ではありません。
尚、遺伝子の事については、スタンダードブックには書いておりません。私の独断と偏見で書かれている物が大半なので、引用はご遠慮ください。カラーの記号等は、お師さまに教えて頂いた物【THE NETHERLAND DWARF COLOR GUIDE】から判断した物色々ありますが、これも引用しないでください。

参考程度に読んで欲しいのですが思い悩んで出した答えや私のメモみたいな物尊敬する方から教えて頂いた物 基準は、ブリーダーですが理解出来る出来ないは別として参考にして頂けるなら、少なくてもブリーダーの努力を汲み取ってくださいね
文章にしてしまうと、簡単かもしれないですが情報は、ただそこにある訳では無く沢山の人が、努力して得た物だと思います。

公開する事で、必要な努力を1人1人が十分にしない事も考えられるのでそういうマイナスにはなって欲しくないな...っと思いながらも公開しています。

ブリードの事に関しては、厳しい意見も書いていますが自分自身がそれを実行して行きたいと言う思いもあり自分に対しての文章でもありますのでお付き合いください。
出来るだけ誰が読んでも理解出来るように書いてますが違う意味で受け取る場合は、申し訳無いのですが、観覧の方はご遠慮ください。

ご意見や参考になったよ~って人はメール頂けると嬉しいです。

2011年12月31日
今までブリードを続ける為に、普通のお父さん並みに仕事をして保って来ましたが、仕事を辞めてしまうためラビトリーの維持が難しくなりました。
そこで、ブリードや販売面全てを旦那に移行し運営をしてもらう事になりました。
わたしは、今まで通り趣味の範囲でブリードは続けられますが、人にはそれぞれ考え方があるように今後は今までの考え方と違う部分が出て来るかもしれません。
ここに書かれて行く事も、これからそういう事が含まれていきますのでご理解頂けたらと思います。

わたしは今まで通りに、品種を向上する為にブリードを続け 販売責任者は ふくなが ふみお と言う事になりますのでよろしくお願いいたします。

お問い合わせは→こちら
スポンサーサイト

| [ブリード]ラビトリーについて | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カリンズラビトリーの方針

 北海道でアメリカンラビット
(ネザーランド・ドワーフ&ホーランド・ロップ)
のブリード(繁殖)をしています。3児のママです。
ここで、簡単ではございますが、ブリードの方針を書かせて頂きます。
うちでブリードしております、アメリカンラビットは
(ネザーとホーランド)表現が不安定な為(ドワーフ遺伝子とかの影響で)
形や血統に拘りブリードを進めて行かないとその持っている品種らしさを維持出来ない品種だと思っております。
また、ARBA(うさぎの協会)のスタンダードも少しづつ変わって行きますので、それの基準に合わせながら形を維持していけたら、素晴らしい事だな...っと思い、
日々努力と勉強をしてブリードに打ち込んでおります。

ブリーダー(繁殖者)とは、地味な努力の積み重ねで成り立って行く物で、
BABYが生まれて嬉しい事の反面 辛い事も悲しい事も沢山あり
そういう思いを乗り越えて系統を向上させながら健康な子を
(遺伝的な物も含め)大切に維持して行く事だと思っております。
けして華やかな世界ではないと思います。

ブリーダーと言っても、色々な考えの人がいると思います。
うちは、商用目的ではありませんので、
沢山産ませて沢山売ろうと言う気持ちは正直ありません。
なので売ってくださいと言われても はいどうぞ では無く 
譲る相手の事もよく知った上でお譲りしたいと考えております。
大切にしてくれる人に譲る事が、
私がブリードして引き渡しまでの使命だと思います。
そしてそれからは、飼育する上で解らない事を
一緒に考えていけるような関係が、本当は望ましいな...っと
思います。
私の考えや気持ち色々な事を相手に伝わるようにHPと言う形で公開させて頂いております。
なのでお問い合わせいただく時は、出来るだけ詳しく自己紹介して頂けると嬉しく思います。
私の事は、このHPを見て判断して頂けると嬉しいです。
正直なところ、どこにでも居る 普通の主婦です 
でも生き物の命を扱うのですから、プロ意識と言うと
少しおかしいですが、その生態や遺伝の事に関してまで
十分な勉強をして真剣に取り組んで行こうと思って実行しております。
こんな私ですが、どうそ よろしくお願いします。

* 動物取扱業表示 *
事業所の名称:Karin'z Rabbitry
事業所の所在地:北海道旭川
登録番号:北海道 第060610012号


20050104142755.gif




Karin’z Rabbitry 福福ことふくなが

お問い合わせは→こちら

| [ブリード]ラビトリーについて | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラビトリー名の由来

由来と言う程の事ではないのですが、
カリンズとは北海道に生息する木の実の事です
(カラントですね)
真っ赤で透き通ったビーズのような丸い実が、
鈴なりに沢山なります。
見ているだけで、嬉しくなるようなそんな木の実を、
ラビトリー名にしました。
うちの出身の子には、「FUKU’S ○○○」っと言う名前が付きます。
うさぎは、昔から縁起物とされていますが、うちから巣立った子が 
自分も飼い主さんも幸福に恵まれますように、
「福うさぎ」になりますように...っと言う思いもこもっています。
お問い合わせは→こちら

| [ブリード]ラビトリーについて | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ラビトリー公開について

一般家庭になりますので、中々公開に踏み切れなかったのですが「月に1度どぐらい日にちを決めて...」っと準備はして来たのですが、最近特に感染症(Ez等)が気になって来ました。
北海道であればエキノコックスもそうなのですが、他の動物の接触を含め 今まではそんなに気にならなかった事が、大所帯になるにつれて深刻に思えて来ました。
そう言う思いもあり、極力うさぎに無理(ストレス)の掛からない環境を用意し、そして自分も極力出先での動物の接触を控えて生活しようと思っています。

お問い合わせは→こちら

| [ブリード]ラビトリーについて | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

2000年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2000年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。