スポンサーサイト

  --, -- --:--
  •  -
  •  -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

複雑。

  17, 2008 00:17
  •  0
  •  -
風邪をひきました。
元々鼻声なのに、もっと鼻声
しゃべりにくいって言うか、しゃべられん
忙しいし、何にもうまくはかどらない。

そんな中。


先日叔父が亡くなりました。

う~~~ん
うちは家庭の複雑な事情があり 父がふたりいます
先日亡くなったのは 産みの親(父)の兄で
3年前に亡くなったのは、育ての親(父)

まぁー
産みの親のおねえさんの元旦那だった 育ての親(父)
なんとなくわかります?

実際は財産争いで、追い出されたふたりが
助け合って生きて来たのですが、追い出した張本人は

「元々あのふたりはできていたんだ!」等

まぁ その辺は今となってはどうでもいい話なのですが
それが元で、ぼんやりした考えのあまりない本当の父親と
長い間あうきっかけもなく 平和に暮らしていたのですが
叔父の死がきっかけで、そんな所にお香典を持って行く
羽目となってしまったのです。

お葬式の朝 母は言った。

「10時からだから お香典だけあげてくれば?」っと

何?わたしだけ行くの???

なんだか行く事を考えたら、具合が悪くなって来た。
会えば色々な事をねほりはほり聞かれるだろう
父が死んだ時は、来てもらってただろうか?

やや あの時は涙で目がカスミ誰が来たのか 覚えてない…。

それに知ってどうする?
あの人からもらってないから あげない?
わたしはそんな性格でもない
あーもう どうしたらいいんだろう
行く事が 気が重たい。
父も当然いるだろうしね
叔父は 父と性格が似ていたような気がする
同い年のいとこもいるんだよね
でもほんと何十年も会ってない 同じ旭川なのにね







セリを幼稚園に送り届け。
その足で お香典を届けに行った。
到着すると、丁度バスに乗って火葬場に向かう所
白い鳩が空に飛び立ち、クラクションと共にバスが発車した。

誰も居なくなった事を確認し 中の受付にお香典を預け家路に…
は、帰りづらく 友達のショップに寄った。

いや~もうほんとに
父はこれからどうするんだろう?とか
色々考え過ぎそうで 怖いんですけど
わたしの気持ち的には、育ての父がほんとうの父なんだよね
小さいころは口うるさくて大嫌いだと思う事もあったけど
自分で子供を育ててわかったけど、他人の子を育てるって
並大抵な事ではない
無関心ではなく、あれだけうるさく口出しして来たのだから
本当に相手の事を思っての事だよね

世の中には 口に出して言うのが苦手な人もいるだろうけど
気持ちは後からでも届くものだよね
だけどなんだろうね すっきりしないこの気持ち

わたしネにもってるのかな?


とりあえずは、後から後悔だけはしないように

「して」する後悔と 「しないで」する後悔は 違う
それは今までの経験上 間違いないのです
同じ後悔なら して するべきだ!(やや 冒険はもうしないよ)



弘叔父さんのご冥福をお祈りします。


スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。