スポンサーサイト

  --, -- --:--
  •  -
  •  -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3)生まれたうさぎをどうするか

  06, 2012 12:56
  •  2
  •  -
3)生まれたうさぎをどうするか

生まれたうさぎをどうするか?

家で全て飼える場合は問題無いのですが、現在日本では無償で里親さんにお譲りする場合も交通料などの謝礼が掛かる場合、動物取扱業の登録が必要になります。
動物取扱業って商売だけみたいでイヤですが、それだけではなくお譲りするうえでうさぎの飼育方法等を説明し、身体に異常がないかを確認し、飼い主さんにはお迎えしたあと家族の一員として生涯可愛がっていただく事を約束していただく契約書を書いてお譲りと言う形になります。

これにより、繁殖者は健康なこが生まれるよう心掛けるようになり、お譲りする飼い主さんを厳選するようになるのと、飼い主さんはかわいいからと言う理由だけではなく一生そのこを責任もってかわいがる責任感が生まれ 安易に迎え入れたり手放したりという行為が減ってくれるのだと思います。

繁殖は、どんな理由であれ増やす行為です。
では、増えたこはどうなって欲しいのか?幸せになって欲しいですよね?
最低限幸せになって欲しいと思うなら、一人一人の力は微力ながらもモラルに反せず取り組む気持ちを持つ事が必要ではないですか?

現在、日本では うさぎのブームの影で飼い主さんに捨てられたうさぎが沢山いるのが現状です。
飼い主さんを探してるうさちゃんの殆どは、純血種とは違うように見えるのが わたしの考えですがせめてもの救いだったりします。
お譲り先に間違いがなかったんだってね
そして、ブリーダーがしている取り組みにも間違いがなかったんだって思えます。
ただ、うさぎを保護して里親さんを探してる団体には頭が下がります
せめて、うちで生まれたこがお世話になる事がないようにと思うばかりです
正直、わたしには出来ない。
出来ないからこそそういうこが増えないようには心掛けてはいます。

生き物は、いつまでもかわいいままではなく、不慮の事故や遺伝や老いによる病気等生きているうえで変化します。
そんな時に、捨ててしまう飼い主さんも中にはいて、病気で弱ってるこを保護し
自分で繁殖したわけでもないこを、一つの命だからと献身的に看病し里親さんを探す。
そんな人達もいると言う事を理解したうえで、生まれたこの飼い主さんを探すべきではないだろうか?っと思います。

生まれたこが無料なら貰いてがつくと安易に考えないでください。
安易に貰いてがつけば、安易に手放す人も多くなると思います。
保護うさぎもただ貰いてが決まればいいと言う考えではなく、厳しい基準をもうけ里親さんに譲り渡してます。

繁殖者も厳しい基準をもうけお譲りする必要があるとわたしは思います。


4)ブリーダーになる為の資格 につづく
スポンサーサイト

- 2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2012/05/06 (Sun) 14:45 | EDIT | REPLY |   

福福  

Mさまへ

こちらにお返事書いてます

http://karinz.blog3.fc2.com/blog-entry-2399.html

2012/05/06 (Sun) 19:03 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。