Karin*z Rabbitry★カリンズラビトリー

北海道の旭川で1999年からうさぎブリーダーをしています☆平凡な日常。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お問い合わせは→こちら

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブリードの話し。

今まで近くでブリードの話しを分かち合える人がいなかった。

やや、いた
超近くにいて、一緒にブリードをしていたまゆちゃん。
悲しいことも嬉しいことも分かち合い、お互いの気持ちも理解できた。
でも、実家に帰ってからは顔の見えない状態で悲しいことがあってもさっすることも出来ない状態です。

うさぎのブリーダーは近くにいないものの、犬の商業ブリーダーと話す機会があり、同じブリーダーと言っても考え方がまるで違うと言う現場を突きつけられて、その後はブリーダーであることを自分から言うことはほとんどなくなった。
だって同意できない話しを振られも困るし、それは違うんじゃない?って喧嘩になっても困る(笑)

それで、現在に至ったんだけど、最近あることに気がついた。
同級生のお店で、フクロモモンガのブリードしてるよって、わたしは一方的に血統管理とか血統書を作ればいいのにって思ったりしてたけど、先日 ふたごちゃんを育ててたママモモが、ひとりを育児放棄したっと聞き、フクロモモンガも育たないと思ったり、障害があると思ったら育児放棄するんだ!うさぎと同じだ!っと思ってしまった。
その時に、そこのママが「もうダメだと思っても、なんとかならないかと、人工保育するんだよね」って話してて、わかる!うちも!って、ブリードの回数がます度に、同じことがまた起きて手を出すことはそのこの苦しみを伸ばすことかも?って思いつつも、手がでちゃうよねっと言う話しをして、品種が違っても同じだよねなんて思った。

なんか昔が凄くて懐かしくて、ブログの前の日記を検索してみた、いや~みんな消えてるし
でもQooの生まれた時の体重って、24gじゃなくて14gだった!
とか、昔のブログ見て、Babyが小さいからとママと一緒にしてたら、Babyに顔の毛を毟られた写真が出て来たり、それが生後2ヶ月だったので、やっぱりこの時期は小さくてもBabyに知恵がついちゃってママ大変だよねって思ったり、昔のことを振り返って懐かしむことが出来ました。
このブログは、自分の記録として書いてるのですが、はじめからちゃんと書いてたら、色々なことが残せたはずなのにっと少し残念に思いつつ、でも当時はまだブログはなかったんだよなっと

でもとりあえず、こんなに近くにブリードの辛かったこととか共感できる人いたんじゃん!ってことがわかったんで、辛いことあったら話し聞いてもらおう(あはは)


写真は、なつかしのQoo☆
スポンサーサイト

お問い合わせは→こちら

| [おしらせ]福福日記 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。